title photo
down allow

私の経歴

グリコに入社する前は、食用油メーカーで油脂の研究開発に8年ほど携わっていました。その後、2015年7月にグリコへキャリア入社し、商品開発研究所のチョコレートグループへ配属になりました。現在に至るまでALMOND PEAKなど、アーモンドチョコレートを中心とした商品開発や、チョコレートの製造技術開発、チョコレート用油脂の研究など、商品に近い領域での研究開発を手掛けています。

career step
portrait

仕事紹介

商品開発研究所は、企画やアイデアを形にできるグリコのモノづくりの中心地であり、その名のとおり商品開発が主な仕事です。「おいしさと健康」という企業理念のもと、おいしさを追求し、健康価値を探求し、お客様にとってより良い商品をつくるのが私たちのミッションです。商品開発というとキッチンや研究室で試作ばかりしているイメージがあったのですが、入社してみると、携わる仕事の幅広さに驚きました。例えば、担当するALMOND PEAKの開発では、商品の企画・コンセプトの立案や消費者調査といったマーケティング、安心・安全な製品設計か厳しくチェックする品質保証、工場で効率的・安定的に生産ができるようにする製造導入など、モノづくりの上流から下流まで、ほとんど全てのプロセスに関わりがあります。最近では、お客様がチョコレートに求める価値を正しく理解するために家庭訪問調査に参加したり、お客様に商品の価値をより深くお伝えするためにTV番組でPRしたりするなど、入社前には想像していなかったような仕事をする機会もありました。社内の様々な部門と協力し合い、商品開発のプロフェッショナルとして日々成長を感じながら仕事をしています。

1日のスケジュール例

8:30
8:45
9:30

11:00

13:00

14:00
15:00

17:00

19:30

出社、メールチェック
チョコレートグループのミーティング
チョコレート生地の作成
(原料の計量、混合、微細化、コンチング開始※)
デスクワーク
(製品の配合・コスト計算、工場テストの計画書、品質確認書類など)
関連部門とのミーティング
(開発案件の進捗確認、課題検討など)
原料メーカーとの商談
アイデア試作
(新製品、既存製品の改良など)
チョコレート生地の完成
(板チョコレートに成形、試食評価)
業務終了
※コンチング:チョコレートをなめらかに練り上げる工程のこと

portrait

仕事で感じるやりがい

仕事をする上で当然あるべき姿ですが、「自ら高い目標を設定し、本気で試行錯誤して、それを達成する」というプロセスにやりがいを感じます。それを体現できた経験として、International Chocolate Awardsという世界的なチョコレートのコンクールに挑戦したことが強く印象に残っています。当時このコンクールの世界大会で、最高位の金賞を受賞した日本のメーカーは、日本を代表するショコラティエのお店など、たった3社しかありませんでした。この大会で結果を残すことができれば、グリコのチョコレートの品質の高さを国内外に証明するチャンスだと思い、この大会に挑戦する社内プロジェクト発足時、「世界大会で金賞を獲ります!」と宣言して参加しました。まだ入社2年目で、実を言うと一人でチョコレート生地を作ったことすら無かったですし、あまりに高い目標だったので、正直誰も本気にしていなかったと思いますね (笑)それからの1年半は、どうしたら世界に通用するチョコレートが作れるか試行錯誤の日々でした。過去に受賞した海外のチョコレートを分析したり、独学でチョコレートの製法を研究したり、寝る間も惜しんで、(むしろ夢の中でも試作をしていたほど) チョコレートと向き合う生活をしました。その甲斐あってか、なんと初出品ながら本当に世界大会で金賞を獲得することができました。授賞式の壇上で、世界中のショコラティエ達と肩を並べた時には、最高の達成感を味わうことができました。

学生時代頑張っていたこと

テニス部で練習に打ち込んだことです。大した結果は残せませんでしたが、自分は他人より優れた才能を持ち合わせていないんだと、本気で自覚できたことが何より財産だと思っています。才能で劣る自分が勝負事で良い結果を出すには、人並み以上の努力が必要なこと、人がやらない戦略を取らなくてはいけないこと、この2つを迷わず選択できることが、今でも自分の一番の強みです。前述のコンクールにおいても、素人の自分が世界のトッププレイヤーと勝負するためには、誰よりも時間をかけて試行錯誤する必要があること、常識外れな製法や、誰もやらないような素材の組合せにしか活路がないことを信じて実行したからこそ、世界に通じるチョコレートをつくり上げることができたのだと思っています。

portrait

私の入社理由

100年近い歴史と伝統ある企業でありながら、「新しいこと」「変革すること」に貪欲だと感じたからです。実際に入社してみて、会議や打ち合わせの場で新しいことを提案したり、現状を疑問視するような発言をしても、否定されたり馬鹿にされたりすることがなく、多様な考えを受け入れる文化があることが分かりました。新しいことにチャレンジできる環境が整っていることが、グリコの良いところだと思います。また、Glicoスピリットの「創る・楽しむ・わくわくさせる」にとても共感しました。良いモノづくりの一番の要素は、作り手がどれだけ熱中して楽しめるかだと思います。そしてお客様の想像を超えるものをお届けし、わくわくさせるというのは商品開発のプロとして自分が目指す姿そのものです。

チャレンジしてみたいこと

日本のチョコレート消費量は、特にヨーロッパと比べて低い水準であり、チョコレートを食べる習慣が日本人の生活にまだまだ根付いていないことを示しています。また、グリコにはポッキーやカプリコなど「チョコレートスナック」と呼ばれるカテゴリーで知名度の高い商品がありますが、チョコレートメーカーとしてのプレゼンスは残念ながら高くはありません。日本のチョコレート習慣や文化を高める製品を開発し続けること、そして世界中のお客様から「チョコレートといえば日本のグリコだよね」と認められるチョコレートメーカーになること、そのために自分自身を圧倒的なレベルへアップデートし続けること、これが私のチャレンジです。

学生の皆さんに、ひと言

就職活動お疲れさまです。偉そうなことを言うようですが、就職は皆さんの人生のゴールではありません。長い人生を通して社会に対して何をしたいのか、それを実現するための手段の一つだと私は思います。自分に何ができるかではなく、自分は何をしたいのかを本気で考え、それを叶えるパートナーとして会社探しをして欲しいです。その上でグリコを選んで頂けるのなら嬉しいですね。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています!

portrait