人事制度の紹介

logo
title photo
down allow

第1弾 『Co育て休暇制度』

Glicoでは社員が自らライフデザインを行い、多様な人財が活躍できる企業風土を目指し、「Co育てPROJECT」を推進しています。「Co育て」とは、Glicoグループが提唱する子育ての考え方で、Communication(和気あいあいと)、Cooperation(上手に協力しながら)、Coparenting(いっしょに子どもを育てる)という意味が込められており、家族のコミュニケーションを育み、父親・母親が協力して育児を行うことを目指すものです。

Co育てPROJECTは、子どものココロとカラダの成長を育む世の中にしていきたいという想いのもと発足した社会課題解決プロジェクトです。

その中で社内向けの取組として推進している「Co育て休暇」制度では、法定の産前産後休暇・育児休暇の期間以上に、妊活のためのプレ休暇や、お子さんだけではなくお孫さんの看護や検診、学校行事への参加のための休暇も取得いただけます。さらに2020年1月からは、お子さんの出生後6か月以内に1ヵ月間の有給休暇を取得することを必須化した新制度「Co育てMonth(正式制度名:Co育て出産時休暇)」がスタートしました。「Co育てMonth」を通じて、男性社員の育児参画をさらに推進するとともに、対象者の休暇取得をきっかけにして、職場のメンバー全員が働き方についての意識と行動を見直し、生産性の向上とそれぞれのライフの充実を実現することを目指しています。

Co育てPROJECT詳細はこちら

childraising image

Glicoの「Co育て休暇」スケジュール

chart childraising month

家庭の事情がある場合は1回に限り、連続1ヵ月の休暇を7日以上の日数に分割して取得することができます。

「Co育てMonth」を取得した社員と、チームメンバーにインタビューしました

interview banner1
interview banner2